原因を知って予防する

color pills

今、医療が発達したおかげで多くの病気を治療することができるようになっています。治療できるということは、ある程度の予防をすることが可能だということです。病気の原因について詳しい研究が行われ、そこから治療方法が生み出され、予防方法も確立されているのです。
たとえば不眠症も、なってしまった場合には治療することが可能ですが、「不眠症になりはじめたかな?」と思ったとき、それ以上進行しないように予防することが可能なのです。不眠症の原因はさまざまなので、それぞれの原因に合わせた予防をしていくことが大切です。

たとえば、原因が何かの病気であるという場合には、それを治療することで不眠症の進行は予防できます。「お腹が痛くて眠れない」という場合には、まずはその腹痛を引き起こしている病気を治しましょう。そうすることで快眠が訪れるはずです。
あるいは、ストレスが原因で不眠症になってしまうこともあります。ストレスがあるということは、そのことに対する「嫌だ」「うっとうしい」といった激しい思いを持っているということです。そのような思いを持っていると脳が休まらずに興奮することになり、脳の休息時間である眠りになかなか入ることができなくなります。ストレスを解消することで、それが原因になっている不眠症は解消できるでしょう。
ストレスは、やがて心の安定性を失ってしまううつ病に発展してしまうことがあるので、その点でも注意が必要です。

もし、「予防できなかった」「不眠症が進行してしまった」という場合でも、健康的な睡眠をとれるようになる睡眠導入剤なども販売されているので、利用することで解消することができます。